地球に住む個々人がもう少し優しくなれたなら

f:id:ichinenhokki:20170605010035j:image

人生を楽しんでいる人は沢山いると思います。

自分自身、幸せに暮らしていると思います。

でも、時々生きづらさを感じることがあります。

 

なんだか世の中イライラしている人や厳しい人、想像力が足りない人が多いなと思ってしまうことがあります。

そういう人を見かけると悲しくなります。

地球人はまだまだレベル低いなと感じます。

 

相手の立場になって考えることって、そんなに難しいことなのでしょうか。

外出時、すれ違いざまに聞こえたマイナスな発言や舌打ち、それだけでどっと疲れてしまいます。

 

人間ですから完璧ではないですし、仕方のないことなのかもしれません。

きっとそういう人は、ストレスや悩みを抱えていたり、余裕がなくなって一時的にそのような状態になっているのかもしれません。

けれど、一時的ではなく常にそのような状態ならば、せっかく生まれてきたのにもったいないなと思います。

 

この星には様々な人がいます。

ひとりひとり皆違います。

考え方や価値観も違って当然です。

互いに歩み寄れないのも当たり前なのかもしれません。

ただ、歩み寄る必要はないけど、他人の意見を尊重することは大切なことだと思います。

自分とは違うけど、そういう意見もあるのだと認識するのとしないのとでは変わってくるのです。

 

主観的、感情的になり過ぎず、客観的に物事を冷静に判断できたのなら、素晴らしい人格や品格も備わり、人間性を高めることができます。

そういう人が少しでも増えたらいいのになと毎日のように思います。

 

みんなで同じ星で暮らしている以上、最低限のルールやマナーを守れないのは人としてどうかと思いますが、一人一人がもっと寛大に、相手の気持ちになって考えることができたなら、素晴らしい世の中になるのではないでしょうか。

 

生きていてすべきことは、思いやりを持つこと、自分の好きなことを楽しむこと、シンプルにただそれだけでいいと思うのです。

 

大した人間でもないのに、偉そうなことを書いてすみません。

ただ、正直な気持ちを書きました。